日々雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻原の処刑と三女へのバッシング

<<   作成日時 : 2018/07/09 07:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

結論から言うと三女へのバッシングは良くないと思います。
地下鉄サリン事件当時彼女は11歳や12歳です。
自分が子供の頃を思い出して下さい。
親が反社会的な思想を持ったキチガイで、
30人以上の死者行方不明者を出した事件の容疑者でも、
子供には何の罪もありません。


彼等は就学拒否で義務教育も十分に受けられなかったそうです。
大学も裁判をしてやっと入学できたとか‥。
子供への影響を考えて学校が防衛的になるのは分かりますが、
韓国のKCIAが創った朝鮮半島の極悪カルト団体の統一教会は、
未だに国公立を含む全国の大学で活動しています。
恐らく彼女が在日だったら難なく受け入れられていたでしょう。
戦後の日本社会は残念ながらそう言う社会です。

彼女はハフィントンポストの記事で、
「単なる人間、単なる日本人になるのが夢」と言ってますが、
麻原やその他死刑囚の家族が普通に暮らせる社会を望みます。
また我々がそう言う社会にしないといけないと思いました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻原の処刑と三女へのバッシング 日々雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる