日々雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS 在日映画の危険性

<<   作成日時 : 2018/06/18 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

22日に「焼肉ドラゴン」なる在日映画が公開されるようです。
「あたしらは頭の先からつま先まで韓国人」で始まる予告編。
「うわぁ‥来たw」って感じですw

井筒和幸のパッチギや崔洋一の血と骨などもそうですが、
在日はなぜこう言う映画を作るんでしょうか。
こんな映画を観た日本人は、
「在日って粗暴で反抗的で嫌だねぇ‥」となり、
在日は在日で「どうせ俺たち在日は‥」となるのでは‥。
それが彼らの目的でしょうか‥。

パッチギのワンシーンを観た人(在日?)は、
「井筒は何がしたいんだ」と憤ってますw
画像

パッチギを取り上げたチャンネル桜では、
「次の世代に争いごとをバトンタッチしてるようなものだ」と、
故井尻千男先生が仰っていますが全くその通りです。

さてこの「焼肉ドラゴン」如何なる映画か知りませんが、
在日の悪印象を拡大しなければいいですね。
個人的には在日映画は北朝鮮の工作も疑った方がいい気がします。
「焼肉」と言うタイトルからも、
「ホルモン」を在日起源にする工作の可能性大ですw
画像

パッチギで主演を務めた高岡奏輔は、
ツイッターで人権擁護法案の危険性を訴えた結果干されましたが、
彼も在日禍の被害者です。
画像

左翼や在日はRADWIMPSのHINOMARUを叩くより、
在日映画を問題視すべきではないでしょうか‥。

在日の方の中にも変な映画ばかり作るなと言う方もいるのでは‥。
これも「社会を分断してるのは一体誰か」と言う問題です。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
在日映画の危険性 日々雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる